味美処 よしずや

/田川市伊田


香春岳を眼前に、彦山川を見下ろす小高い場所に構えるよしずや。そこから見える景色は、まるで筑豊・田川の心象風景をそのまま描いたかのよう。自然味溢れる庭園を囲むように構える日本造りの個室で味わうのは、筑豊の農、筑豊の美にこだわった和食の数々。料理長が仕込むという手作りの「よしずや豆腐」は、ふと優しい気持ちにさせてくれる。

UPDATA: 2014.07.28


好日庵(こうじつあん)

/田川市弓削田


筑豊・田川、関の山のふもとにある四季会席好日庵。“池のおく園”と呼ばれる広大な敷地の一角を成す、純和風建築の料亭では、日本の四季、そして自然が育んだ「旬」を味わいで感じることができます。この季節には、京が誇る夏の味覚「鱧」を炙った炙り鱧に、そっと紫陽花が色を添え、食だけではない和の魅力を愉しめます。

UPDATA: 2014.07.08


茶寮このみ

/飯塚市潤野


小さな看板を頼りに住宅地を進んでいくと、艶やかな新緑に囲まれた趣ある家屋にたどり着く。創業59年を迎えた老舗料亭このみ。碁板目に切り込みを入れた松笠烏賊や、飾り切りを施した蛇腹胡瓜など、日本料理ならではの繊細な盛りつけや彩りの美しさ溢れる品々を、和の風情溢れる雰囲気のなか堪能してみてはいかがでしょうか。

UPDATA: 2014.07.08


フランス料理 梓屋(あずさや)

/直方頓野


市街より少し離れた閑静な住宅街。心地よい風を感じながら石畳のアプローチを上がっていくと、季節の草木に包まれた明るい純白のダイニングが姿を現す。和の雰囲気にほどよく調和した空間で振る舞われるのは、日本の旬をふんだんに取り入れた本格的なフレンチ。その品々はどれも普段では味わえない“特別”が溢れるものばかりです。

UPDATA: 2014.07.08


わびすけ新寮

/直方市上頓野


福智山麓の築135年の古民家で、誰の心の中にもある日本の風景を形にした、わびすけ新寮。料理は季節に合わせた献立で楽しませてくれる昼膳がメイン。なかでも摺ったオクラにだしを合わせた「オクラとろろめし」は、美味しさはもちろん、夏の疲れを忘れさせてくれる遊び心溢れる一品です。

UPDATA: 2014.07.08


料亭 あをぎり

/田川市新町


初代田川市長林田春次郎の自宅であり、炭都田川の中央からの官僚や皇族方をもてなす迎賓館として用いられたのが、料亭あをぎりのはじまり。その文化的価値から、国の有形文化財にも登録されている。また、炭坑で働く者達の貴重なたんぱく源として重宝された鯨を味わえる店として、田川の文化を語る上ではずす事の出来ない重要な存在。

UPDATA: 2014.07.08